Sadness As a Gift – Adrianne Lenker / エイドリアン・レンカー 和訳

Sadness As a GiftAdrianne Lenker / エイドリアン・レンカー の和訳。ビッグ・シーフのリードボーカル、エイドリアン・レンカーの6枚目のソロアルバムとなる「Bright Future」からのシングル。明るいメロディーに乗せて、失恋の悲痛な喪失感を歌っている。

シングル・アルバム情報

Bright Future (2024) 収録曲

ミュージックビデオ・オーディオ

和訳

あなたも私も知っている
これ以上、何も言うことはない
可能性は彼女の輝く瞳を閉じて
彼女の顔を背けさせた

窓辺にもたれながら
いつか私に手紙を書いてよ、そうしてくれるよね
この悲しみを贈り物として見れたならいいけれど
抱えるには重すぎる

雪が降る
電話を掛けないようにしながら
春が冬に変わるのを見ている
ホタルは全部凍りついた

季節が過ぎ去るのはとても早い
今度は長続きすると思いながらも
その質問は重すぎたんだろう

あなたの瞳を探しながら
私が見るのは青い空だけ
そして老人が曲がった杖をつく時
もう忘れよう

窓辺にもたれながら
いつか私に手紙を書いてよ、絶対そうしてくれるはず
この悲しみを贈り物として見れたならいいけれど
季節が過ぎ去るのはとても早い
今度は長続きすると思いながらも
その質問は重すぎたんだろう

あなたと私は、同じ永遠を見れたのかもしれない
毎秒が威厳に満ち溢れて

とても甘いキス、とても素敵な
あなたには、私の心の音楽が聞こえるはず
あなたがその場所を示してくれたから
年を取っても見つけられる
ただ窓辺にもたれながら
いつか私に手紙を書いてよ、そうしてくれると願ってる
この悲しみを贈り物として見れたならいいけれど
季節が過ぎ去るのはとても早い
今度は長続きすると思いながらも
その質問は重すぎたんだろう

歌詞