cross to bear – Balance and Composure / バランス・アンド・コンポージャー 和訳

通算4枚目、再結成後初のフルアルバム「with you in spirit」からのリードシングル。曲名は直訳すると「背負う十字架」で、長期間に渡って向き合わなければならない苦痛な状況を意味する。 … 続きを読むcross to bear – Balance and Composure / バランス・アンド・コンポージャー 和訳

The Algorithm – Puscifer / プシファー 和訳

スメリアン・コミックス「アメリカン・サイコ」のサウンドトラックとして書かれた曲。この曲はアルゴリズムを崇め奉るソーシャル・メディオット (ソーシャル・メディア馬鹿) を風刺したもの。 … 続きを読むThe Algorithm – Puscifer / プシファー 和訳

Cognitive Dissident – The The / ザ・ザ 和訳

24年ぶりのアルバム「Ensoulment」からのリードシングル。タイトルは「認知的反体制派」の意味で、これは「認知的不協和 (cognitive dissonance/自分の思考と矛盾する認知) 」を捩ったもの。 … 続きを読むCognitive Dissident – The The / ザ・ザ 和訳

Wink – Horse Jumper of Love / ホース・ジャンパー・オブ・ラヴ 和訳

4枚目のアルバム「Disaster Trick」のリードシングル。ディミトリ・バキンの短編小説『Leaves』にインスパイアされた曲で、これは主人公がより良い人生を求めて故郷を離れるものの、最終的には元の場所に戻ってきてしまうという物語。 … 続きを読むWink – Horse Jumper of Love / ホース・ジャンパー・オブ・ラヴ 和訳

Sick Sad Little World – Incubus / インキュバス 和訳

「A Crow Left of the Murder…」からの曲で、マイク・アインジガーのギターソロが光る、最も人気の高い曲のひとつ。歌詞については、この頃に脱退したダーク・ランス (アレックス・カツニッチ) について書かれた曲だと言われている。 … 続きを読むSick Sad Little World – Incubus / インキュバス 和訳

Like I Say (I runaway) – Nilüfer Yanya / ニルファー・ヤンヤ 和訳

2022年のアルバム「Painless」以来、2年ぶりのニューシングル。この曲は決して取り戻すことのできない時間をどう使うかについて書かれた曲で、MVは姉のモリー・ダニエルが監督を務めている。 … 続きを読むLike I Say (I runaway) – Nilüfer Yanya / ニルファー・ヤンヤ 和訳

Big Time Nothing – St. Vincent / セイント・ヴィンセント 和訳

7枚目のアルバム「All Born Screaming」からのサードシングル。この曲では、頭の中で絶え間なく起こっている憂鬱と不安の内的モノローグが歌詞に反映されているという。 … 続きを読むBig Time Nothing – St. Vincent / セイント・ヴィンセント 和訳

Hold Me Up (Thank You) – Khruangbin / クルアンビン 和訳

アルバム「A LA SALA」はスペイン語で「部屋へ」の意味。これはローラが家族をリビングへ呼び集める時に使っていた言葉で、今回のアルバムで3人を原点へと集結させる意味で使われている。 … 続きを読むHold Me Up (Thank You) – Khruangbin / クルアンビン 和訳